The King and I

ロンドンで

ミュージカルを観覧しました。「the king and I 」

やはりきになるのが日本の俳優陣。

渡辺謙さんは流石のオーラと余裕と茶目っ気の演技でしたが

大沢たかおさんが私が今までイメージしていた彼を覆すような貫禄で驚いてしまいました。

最後はお客さん総立ちの拍手。

さわやかな感動で気持ちが良かったです。

軽やかなダンスのシーンが印象的だったなぁ。あの舞台転換の中で縫うようにアンナと王様が2人で自然に踊るのは相当な技術だと思いました。

Palladium 劇場も歴史を感じられるような内装でとても素敵でした。

お酒を飲みながら観覧できるのも良いですね😊✨

あまりにも良かったScotlandロスで抜け殻のようでしたが

やはりロンドンにはロンドンの面白さがある。

2F9DA4CB-8E1A-4A4F-B8F8-1F3B7950F4DE.jpeg

 

【The King and I(王様と私)】

1860年代初頭のシャム(現タイ王国)を舞台に、国王ラーマ4世と、その王子、王女のために教育係として雇われたイギリス人女性・アンナの交流を描いたミュージカル。シャム王とアンナが文化の違いに悩まされながらも理解を深め惹かれあっていく様子を、ユーモアを交え、ロジャース & ハマースタインのヒット曲とともに贈る。1951年にブロードウェイで初演され、その後も何度も再演が行われている。

脚本・作詞:オスカー・ハマースタイン2世

演出:バートレット・シャー

音楽:リチャード・ロジャース

キャスト

王様:渡辺謙

クララホム首相:大沢たかお

アンナ:ケリー・オハラ

ルンタ:ディーン・ジョン=ウィルソン

タプティム:チョン・ナヨン

ロンドン公演

2018年6月21日(木)~9月8日(土)

London Palladium

http://kingandimusical.co.uk/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中